脳内心理記憶術 内藤誼人 レビュー

 

「脳内心理記憶術」の詳細はこちらをクリック


頑張らなくても記憶してしまう方法とは?


「脳内心理記憶術」は、受験生を初めとして、膨大な量の知識を記憶するのに四苦八苦している人の福音とも言うべき記憶術です。


なんと、頑張らなくても記憶してしまうという方法なのです。


「脳内心理記憶術」は心理学者として有名な内藤誼人氏が自ら実践する記憶テクニックです。内藤氏は200冊以上に及ぶ書籍を執筆されています。ベストセラーになった本もありますので、書店で見かけたことのある方もいるでしょう。


本を執筆するには、一旦、脳に大量の情報をインプットし、その大半を文章の形でアウトプットするという作業が必要です。つまり、効率的な記憶テクニックが求められるのです。


脳には、勉強したり記憶するのに適した状態と、そうでない状態があります。その時の心理状態によって、勉強や記憶の効率に雲泥の差ができてしまうのです。


勉強に集中できないとか、覚えられないという人は、それに適した心理状態になっていません。つまり、準備ができていないまま勉強してしまっているということなのです。


「脳内心理記憶術」は、勉強や記憶に適した心理状態にどうやって持っていったらよいかを教えてくれます。


あなたには、忘れたいのになかなか忘れられないという記憶はありませんか?


記憶したくても頭に入らない事がある一方で、忘れたくても忘れられない事もあるのです。これらは、記憶というものが心理状態や感情に大きく左右されることを表しています。


だから、勉強や記憶に適した心理状態にうまく持っていく術を習得すれば、記憶作業や勉強はスムーズに行くのです。内藤氏は、こう述べています。


『簡単に記憶力をあげることはできますし、同時に勉強効率をも上げることはできます。
しかもトレーニングしなくても上げることができるのです。』


他の記憶術は、記憶するための作業方法に関するノウハウがほとんどです。それに対して、「脳内心理記憶術」は心理状態にフォーカスしたノウハウです。だから、記憶トレーニングなしでも記憶力を高めることができるわけです。


入試や資格試験などは、十分な知識をいつでも使える形で記憶していれば合格できてしまうという側面を持っています。つまり、記憶力の有る/無しが決定的に結果を左右するのです。


もし、「記憶できない」とか「集中できない」と悩んでいるのであれば、まずは、記憶するためのコツをマスターするところから始めてみてはいかがでしょうか。


「脳内心理記憶術」の詳細はこちらをクリック




内藤誼人氏の「脳内心理記憶術」のレビュー、内容、効果などの情報を公開しています。受験勉強などで頑張らなくても「記憶できてしまう」ノウハウです。




藤本式記憶術 効果 藤本憲幸


試験に受かるユダヤ式記憶術 松平勝男 レビュー


ジニアススタディ 川村明宏 口コミ